『涼しさや裏は鉦うつ光琳寺』

 これは、文豪・夏目漱石が正岡子規に送った俳句です。当館1F入口に、この句と漱石のレリーフが飾られています。

 夏目漱石は1896年(明治29年)、旧制第五高等学校(現・熊本大学)の英語教師として熊本市に赴任しました。『草枕』のベースとなった熊本での暮らしは、1896年(明治29年)4月から1900年(明治33年)7月ま4年3か月にも及び、その後ロンドンへと旅立ちました。

 

 谷脇ビルは、夏目漱石が来熊した際に最初に居を構えた第一旧居跡建ち、漱石と鏡子夫人が結婚式を挙げ、婚生活をった旧跡です。また、1984年(昭和59年)から2007年(平成19年)まで漱石が千円札になったこともあり、『学問・商売・恋人』の聖地として当館は知られています。

10F

6F

5F

​テナント募集中

ホテルサンルート熊本(フロント)

​谷脇ビル・佐藤達郎デザイン事務所

4F

3F

2F

1F

B1F

笑笑(モンテローザ)

​谷脇ビル 地下ベース

〒860-0807 熊本市中央区下通1-7-18

株式会社谷脇ビル

佐藤達郎デザイン事務所

T 096 322 6986 / F 096 322 6987

© 2021  TANIWAKI BUILDING Co., Ltd. all right reserved.

© 2021 design office of tatsuro sato all right reserved.